楽しいイベントが盛りだくさんの日本の夏。 日本女性の美意識が高まる夏は、ベタつきや大人ニキビ、乾燥などのトラブルが頻繁になってしまう季節でもあります。

ここでは、日本女性の夏美肌を応援する、お肌ケアのコツについて、保湿に関する方法をわかりやすく解説します♪

◇日本女性の夏のお肌状態は?

一年の中でも強い紫外線が降り注ぐ日本の夏。 気温が高くなることで、お肌のべたつきを感じやすくなったり、室内ではエアコンを使用することが多いため、空気が乾燥してしまうトラブルも。 本格的な日本の夏に多い女性のお肌トラブルには、次のようなケースがあります。

◆紫外線ダメージ 紫外線を受けると、お肌内部に存在しているコラーゲンなどの成分が破壊され、たるみやシワができやすくなります。 紫外線は、シミのもととなるメラニンのはたらきを活発にしてしまうため、UV対策を怠っていると日焼けからシミ、色素沈着に変わってしまうことも。

◆乾燥ダメージ 日本の夏の室内は、空気が乾燥し、お肌をうるおすための湿気がない状態です。 お仕事で長時間エアコンの効いた室内にいると、お肌のうるおいがどんどん奪われ、乾燥しやすい肌質に。 乾燥は、シワやたるみ、ニキビやシミなど、あらゆるお肌トラブルを誘発してしまう性質を持つので、もっとも気をつけたい点でもあります。

◇日本女性の美肌に♪正しい保湿の方法とは?

前項でご紹介した紫外線や乾燥などのトラブルは、徹底した保湿によって解消・予防することができるんです。 それは、お肌の保湿をすると、角質層までが十分なうるおいで満たされ、バリア機能が高まります。
お肌のバリア機能が高まると、肌質が丈夫になり、紫外線や乾燥によるダメージを最小限に抑えることができます。 夏のお肌のコンディションを安定させるため、正しい保湿の方法をしっかりと学んでみましょう♪

◆うるおい洗顔の方法 お肌のうるおいはそのままに、余分な皮脂だけをオフする洗顔は、【ぬるま湯のみ】の方法。
洗顔料は洗浄力が強く、必要な皮脂を洗浄してしまうデメリットがあるめ、朝は使わずに、ぬるま湯のみで顔を洗ってみましょう。洗顔料を使ったときに起こりがちなお肌のつっぱりがなく、あわてて化粧水をつけなくてもしっとり感が長続きします。

◆スキンケアアイテムの選び方 夏のお肌の正しい保湿は、【保湿成分】がブレンドされたスキンケアシリーズを使うことが基本です。
テクスチャーにとろみがあり、使用後のお肌がもっちりするような特徴のあるスキンケアアイテムが理想。 ここで、日本女性の夏の保湿ケアにマッチした成分と、お肌への効果をまとめていきます

①ヒト型セラミド 従来のセラミドよりも、3倍もの保水力を誇るヒト型セラミドは、お肌の角質層を十分なうるおいで満たす効果があります。 乾燥を防ぐためのうるおいが保水されると、エアコンの冷気にも強い肌質になったり、デリケートなお肌の強化にもつながります。

②ヒアルロン酸 ヒアルロン酸は、たった1gの量でも、6lの保水力を誇っています。 お肌深部に水分を補い、与え続けて閉じ込めるベール効果があるので、夏のスキンケアアイテム選びに欠かせない成分となっています。

◇乾きとさよなら!日本女性の夏のお肌を即効で保湿する方法♪

正しい保湿ケアを習慣にしていると、もっちり弾力のある肌質になったり、ファンデレスでも透明感のある美肌が実現します。 もし乾燥が気になったら、【ミストタイプの化粧水】を活用し、シュッとお肌にスプレーしてみましょう。

ミストタイプの化粧水は、粒子がとても細かく、お肌内部への浸透がスピーディーです。
メイクをしながらでも活用できる種類が多いので、ひとつ持っているととても便利。 100均などで売っているスプレーボトルに、お気に入りの化粧水を入れて活用することもオススメですよ♪